西町東公園

なんか書いてます

AXON7がぶっ壊れたのでOneplus6を買った話

どうもこんばんは西町です。

 

細かい話は後でするとして、1年前高校に入る直前から使い続けていたAXON7がぶっ壊れたので新端末にOneplus6を買いました。

だけどこの端末、マジモンの最新機種故にレビュー記事が一般ユーザーからほとんどと言って良いほど出ていない。

 

ってことで「俺がレビューすればええやんか!w」ってノリでレビュー記事みたいなものを書いてみることにしました。

 

まず何故Oneplus6を買うことになったのか

事の始まりは数日前、いつものごとく学校へ行くためにチャリに乗っていると尻ポケットからAXON7くん落下。

尻ポケットを離れたAXON7くんは地面にダイビングした結果電源ボタンがまったく効かなくなりました。

まあ画面のロックやスリープ解除なんかはMi-popとか指紋センサーとかでどうにでもなるんですが電源ボタンが効かないので一度電源が切れると半永久的に電源が点かないんです。充電切れ=端末文鎮化のサバイバル。

そんなサバイバルはお断りなのでZTEのサポートにおTELTELして修理の見積もりをしたところ、

ZTE「う〜ん、基盤交換になるから4万円!w」

あ ほ く さ

電源ボタン治すだけで4万ってなんやねん今なら2.5万で新品買える端末やぞ。

ということで買い替えを決意しました。

 

数時間悩んで新端末の候補はOneplus6とMi Mix 2SとEssential Phoneの3機種まで絞れたんですがそこからが迷うこと迷うこと。

なのでTwitterでアンケート取りました。
f:id:Ni4mc:20180601220620j:image

すごい。Oneplus6が圧倒的。

 

ということでサバイバルから脱却すべく速攻でOneplus6を注文しました。ここまでが前置きです。

 

Oneplus6、到着。

Oneplus6を注文してから数日後、expansysから「発送したやで。明日の18:00までにお前の家まで送りつけたるからな覚悟してろ(意訳)」とのメールが来ました。

その翌日の昼には「今お前のスマホ関空おるで」「お前のスマホ成田で税関抜けたで」ってメールがFedExから来たりして「ほーん結構早く着くんやなあ」なんて考えてたら2:30頃に親から「スマホ届いたやで」ってLINEが来た。

FedExくん速すぎやろ。

正午ちょい前に成田に着いた荷物を2〜3時間後には横浜まで送り届けるFedExマジでなんなんだ。強すぎる。
f:id:Ni4mc:20180601221329j:image

ということで届きました。
f:id:Ni4mc:20180601221350j:image

箱とのご対面。「6」って字が箱にプリントされてるんですが結構見づらいですね
f:id:Ni4mc:20180601221445j:image

The Speed You Need←かっこいい
f:id:Ni4mc:20180601221513j:image

箱を開けてご対面。

圧倒的ディスプレイ。すごい。これがベゼルレスというものか。
f:id:Ni4mc:20180601221639j:image

スマホスタンドに置いて記念撮影。

Oneplus6のブラックカラーには2種あるんですがテカテカブラックは指紋ベタベタフォンになるのが容易に想像できたのでつや消しブラックにしたんですがつや消しブラックめっちゃかっこいい。

わざわざ8GB/128GBからしか選べないつや消しにして良かった。
f:id:Ni4mc:20180601221840j:image

付属品はこんな感じ。

TPUケースとsimトレイ用のピンとDASHチャージャーとUSBのTypeA-Cケーブルです。

左の「6」って書いてるやつは取説っぽいです。


f:id:Ni4mc:20180601222046j:imagef:id:Ni4mc:20180601222056j:imagef:id:Ni4mc:20180601222110j:image
とりあえずサクっと端末のセットアップをしました。

日本語もしっかり対応しててよいぞ。

 

パフォーマンスは如何ほどのものか

セットアップやらアプリインストール祭りを開催した後なので完全体フルパワーではないと思いますがAntutuベンチマークを回したところ結果はこんな感じでした。
f:id:Ni4mc:20180601223627j:image

ちなみにAxon7のスコアが164362だそうな。Oneplus6恐ろしい子

発熱についてはベンチマークを回しても背面がほんのり温かくなる程度で爆熱カイロにはなりませんでした。

電池はどれぐらい持つのか

Oneplus6が着弾して次の日(今日)、1日学校で使ってみたのですが通学中(片道1h前後)はずっとBluetoothイヤホンで音楽、授業中も音楽こそ流さないにしてもBluetooth接続はしたまんま、休み時間はTwitterしながらBluetoothで音楽。

という陰キャ全開な使い方をしても17頃に帰宅した頃にはまだ10%弱の電池残量がありました。

一般的な使い方をするなら途中に充電無しでも一日は余裕で持ってくれるでしょう。
f:id:Ni4mc:20180601231013j:image

ちなみに1日使ったら電池のグラフはこんな感じでした。

デレステは快適なのか

ハイスペックスマホのゲーム性能をテストする上でよく出され、俺がそれなりに熱を持ってやる貴重なゲームであるデレステ

最新SOCでヌルヌル動く担当アイドルを見たい!

そう思ってデレステの引き継ぎを終え、おもむろにMVを再生すると
f:id:Ni4mc:20180601224017j:image

( ´・ヮ・`)…

完全に失念していました。SOCが新しすぎて現在まだ非対応なのでLIVEが低画質設定になることを。
f:id:Ni4mc:20180602084618j:image
f:id:Ni4mc:20180602084627j:image

ルーム画面なんかはちゃんと縦長(横長)画面に適応した表示をしてくれます。五十嵐響子はよいぞ。

他の所のレビューでいろいろダメな所として挙げられてる所はどうなの

・顔認証

🍎やMi8のように赤外線カメラではないので暗所とかでは当然上手くいかないんですが暗くなければ最高。電源ボタン押したらもうホーム画面。ロック画面が一瞬も見えないの。顔認証ほんとすごいし一回これ使ったら戻れなくなるのでいけませんよあーいけません

・ワイヤレス充電非対応

まずワイヤレス充電をするわけでもワイヤレス充電器を持っているわけでもないので俺には知ったこっちゃないしノーコメントで。ワイヤレス充電もダメ人間を生み出しそうな恐ろしい技術ですよね。

・ノッチはどうなの
f:id:Ni4mc:20180601224903j:image

こんな記事を見に来るような人は知ってるでしょうがOneplus6にはノッチ部分を黒いステータスバーとすることでノッチの存在感を薄くする機能があります。

この機能、そんなに期待はしてなかったのですが思いの外自然に誤魔化せる。窓際や外では少し分かりやすくなりますが室内だとマジ自然。すごい。

・スピーカーがステレオじゃないやんか

これはちょっと使っただけでも意外と気になりましたね。前端末がフロントステレオスピーカー搭載のAXON7だっただけに違和感はけっこう大きかったです。

ごく個人的などうでもいい不満点

先にも挙げた通り、よくBluetoothイヤホンで音楽聞いたり動画見たりするのですがOneplus6、有線イヤホンを挿さないと純正イコライザが動かないんです。

AXON7はDolby Atmosアプリからイコライザ弄れたんですがOneplus6は有線でないとシステム内蔵のイコライザが使えないので胡散臭いイコライザのアプリをインストールしました。

最後に

僕自身そこまでスマホにこだわりを持っている人間でないので参考になる記事を書けたのかは割と怪しいのですが少なくとも僕は「良いものを買ったなあ」って思っています。

フラグシップ級の性能をこのお値段で買えるんだからちょっとした不満点も見過ごしてあげたっていいんじゃないでしょうか。

余談ですがAXON7くんの電源ボタン、この記事を執筆中にまだ調子は良くないけど「電源ボタンとしての機能」はするようになりました。なんの為に7.5万出して新しいスマホ買ったの俺…

 

ということで今晩はこんな所でおわりです。

おやすみなさい

かったぜ。投稿者:PEN態糞土方


こんばんは。GWも終わりまして次の祝日は6月が無くて7月と聞いて少しばかり絶望する恒例行事に参加しております西町です。

5月にこんなアホみたいに祝日詰めるなら6月に祝日作れやって多分全国民の6割ぐらいは思ってると思う。

 

まあそんなGWですが、

f:id:Ni4mc:20180510231916j:imagef:id:Ni4mc:20180510231956j:imagef:id:Ni4mc:20180510232017j:imagef:id:Ni4mc:20180510232032j:imagef:id:Ni4mc:20180510231939j:imagef:id:Ni4mc:20180510232116j:imagef:id:Ni4mc:20180510232133j:image

新潟に行ったり


f:id:Ni4mc:20180510222200j:image

デレステやったり

 
f:id:Ni4mc:20180510222241j:image

デレステやったり

 
f:id:Ni4mc:20180510222327j:image

デレステやったり

 
f:id:Ni4mc:20180510232223j:imagef:id:Ni4mc:20180510232324j:imagef:id:Ni4mc:20180510232241j:imagef:id:Ni4mc:20180510232253j:imagef:id:Ni4mc:20180510232339j:imagef:id:Ni4mc:20180510232358j:image

オタクと東急撮りに行ったり

 
f:id:Ni4mc:20180510222526j:image

デレステやったり


f:id:Ni4mc:20180510222436j:image
そういうとこだぞ五十嵐


f:id:Ni4mc:20180510222609j:image

デレステやったり

 
f:id:Ni4mc:20180510222623j:image

デレステやったり…

 

となかなか充実したGWでした。

新潟に行った話でもここで書こうと思ったのですが眠さMAXな今の状態で旅行記書くのは終わりが見えそうにない。

 

ということで本題であるレンズご購入の話でも書こうではないかとなりました。

この辺りで書いとかないと一生放置しそうだしね。

 

 

 

昨年6月に一眼を買ってから12月にDA55-300を買うまではSIGMAの便利ズームこと18-250mmの1本だけでやってきてまして、流石にカメラに慣れてくると便利ズームだとやはり性能が足りないと感じるようになってきた。

ひとまず12月にDA55-300を買って望遠域は比較的性能のあるレンズを得たとして広角側のレンズをどうするかがとにかく悩む。

 

PENTAXの広角〜標準ズームとしては純正だけでも4本、サードパーティーからも3本、同スペックの製品をまとめても6種のレンズがある。

悩む。

とにかく悩む。

ひとまずサードパーティ2社の17-50mmF2.8は望遠端が微妙に足りないので最初に選択肢からはさようなら。次に純正のDA18-55もAFがうるさいのと性能がイマイチなのでさようならしていただく。

 

ここで残ったのが純正の17-70とシグマの17-70、あとDA★16-50、DA16-85である。

 

そして悩んでいた所にDAスターレンズが近いうちにリニューアルされるとの噂を聞く。ってことでDA★16-50もご退場。

DA16-85はなかなか悪くなさそうだが、価格がまだ安くなってない。新品だとDA★16-50とほぼ同額。あと85mmとかそんなに長い所までいらない。

 

そんなこんなで純正17-70とシグマ17-70のどちらかと言う究極の選択までたどり着いてしまったのだが、ぶっちゃけ両方とも魅力的なのだ。

最終的にはお金が全てである。マップカメラの中古でときたま2万を切るものが出てくることがあるので結局は安さが決め手。DA17-70に決定した。

 

DA17-70を買うとは決まったものの、どのレンズを買うかあれこれ悩んでるうちにマップカメラで転がってた19800YENの奴は売り切れになっていた。

 

そこからマップカメラを定期的に覗き続けること数日…
f:id:Ni4mc:20180510224925j:image

出てきました。中古良品18800YEN。


f:id:Ni4mc:20180510225540j:imagef:id:Ni4mc:20180510225648j:imagef:id:Ni4mc:20180510225729j:image

即カートにレンズを投入して学校を終え、帰宅してレンズを注文する。

f:id:Ni4mc:20180510230002j:image

それから数日後、おうちでぼんやりしていたらレンズが届きました。

f:id:Ni4mc:20180510230035j:imagef:id:Ni4mc:20180510230129j:image
開梱。


f:id:Ni4mc:20180510230155j:image

レンズ撮影会。



f:id:Ni4mc:20180510230244j:image
オオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオオオオォォ(^-^)ォォオオオ


f:id:Ni4mc:20180510230335j:image
オ〜かっこいい。前に買ったDA55-300は比較的新しいレンズなのでDAエンブレムがしょぼかったのですがDA17-70はちゃんとしたのがついています。

 

レンズ撮影会を終えた頃には日も落ちてきたので晩飯ついでに新しいレンズを振り回すため戸塚へ。


f:id:Ni4mc:20180510230645j:image

ラーメンうめえ

 
f:id:Ni4mc:20180510230904j:image
f:id:Ni4mc:20180510230924j:image
f:id:Ni4mc:20180510230953j:image

どうやらこのレンズ、あまり逆光には強くないのかローアングルでヘッドライトを付けたバスを狙うと割とキツいです。


f:id:Ni4mc:20180510231103j:image
f:id:Ni4mc:20180510231117j:image
しかし明るいレンズとは素晴らしいもので夜の暗い中でも今までISO3200のお世話になっていたようなカットもISO1600より上を使わずとも撮れる。


f:id:Ni4mc:20180510231223j:image

標準レンズをバスセンターで振り回すのもなかなか難しいものでやはり望遠が足りない。

いっつも望遠伸ばしまくりで撮影していただけに標準域に縛られると自分の技量の無さを痛感する。


f:id:Ni4mc:20180510231417j:image

あとこのレンズ、光条が大変エモい。シグマの17-70をやめた理由の一つに「絞りが円形絞りだったこと」があるんですがやはり非円形絞りのこいつにして正解だった。F8あたりまで絞るともう最高。

 

そうしてバスセンターでレンズを振り回しながら写真を撮っていると電池の充電を忘れていたため早々に電池切れ。

そんな遅くまでバスセンターうろついてても良いことないのでさっさと家に帰ってその日は寝た。

 

 

とまあ今回はレンズご購入の話をしました。GWに新潟行った話はまた気が向いたら書きます。

それでは眠いのでねますおやすみなさい

「すずなの恋」がめっちゃ好きって話

ナマステ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

今日はクンナスペシャルのチキンカレーこれのお話です。

 

 

すずなの恋 1 (バンブーコミックス)

すずなの恋 1 (バンブーコミックス)

 
すずなの恋 2 (バンブーコミックス)

すずなの恋 2 (バンブーコミックス)

 
すずなの恋 3 完結 (バンブーコミックス)

すずなの恋 3 完結 (バンブーコミックス)

 

 タイトルでも既に言ってますがこの作品が死ぬほど好きです。

 ・これってどんな作品なの?

過去のトラウマでものすごく男性が苦手なすずながバスでぶつかって鼻から鼻血ドバーさせてしまった涼城くんと学校で再会し、なんだかんだで友達といった関係になりすずな・涼城くんの友達(各1名)と男性嫌いを克服しようとがんばるって話なんですが、作品タイトルで既にネタバレしていますがこの作品のゴールは「男性嫌いのすずなが男性の涼城くんに恋愛感情を抱くこと」です。

ちょっとずつちょっとずつの

もどかしい系ラブコメ 

(単行本3巻帯より)

 ともあるように“ゴール”までの進行はものすごくゆっくりですしその2人の様子をキモい顔でニヤニヤしながら眺めてくのがもう最高です。

3巻で完結していて読みやすいですし、尖った設定なんかもないので安心して見ていられるいい作品です。

 

・とにかくすずながかわいい。

この物語の主人公とも言えるすずなさん。

幼少期にいろいろあって男性が嫌いなんですが、それ抜きにしても小動物系って感じです。しょっちゅうあわあわしてます。かわいい。

f:id:Ni4mc:20180403231147j:image

あと緊張してるとよく噛みます。かわいい。

とにかくかわいいです。語彙のない底辺校生オタクにはこれしか言えません。

 
f:id:Ni4mc:20180403231220j:image
f:id:Ni4mc:20180403231323j:image

単行本のカバーイラストに描かれてるすずなの表情が数を増すごとに柔らかい感じ(?)になっていくの最高じゃないですか

 

とまあ最高な作品なのでみなさん読んでみてください。作者でもないのに何偉そうなこと言ってんだこいつ

この作品と同じ作者さんで「かてきょん」って作品もあって割とすこなんですがどこの店探しても見つからないんですよね。大正義有隣堂の取り寄せ行使も視野に入れて行こうと思います。

 

そんなこんなで春休み期間中最初で最後のブモグ更新になりましたが早いもんでもう明後日には新学期スタートです。課題なんもやってません。明日にでも秘技・答え丸写しでなんとかしようと思います。

相鉄20000系撮影会&運行初日

世間のウェイたちはバレンタインでテンションが上がっているようですがわたくしは県立高校の入試に伴う休みで超大型連休を得たので同じくテンションが上がっています。どうもこんばんは西町です。

 

放置もせずにこのブログもなんとか生きています。

 

それはそうとして先日に相鉄の20000系がデビューしましたよね。デビュー前日に相模大塚であった撮影会に行って一番列車も撮ってきたので今日はそのお話でも。

まあ最初は湘南台から相模大塚までチャリで行きまして特に何もアクシデント無く向こうに着きましてものすごい人の量と入場列に驚きつつも無事入場しまして相模鉄道気鋭の新型車両20000系を撮影すべくシャッターを切ったんですよ。

そして写真の出来を確認すべくプレビューを表示すると…


f:id:Ni4mc:20180213214717j:image

俺「は????????」

そうです。

_人人人人人人人人人_
> SDカード忘れた <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ものすごい焦っていました。

とりあえずここで当時のわたくしのツイートを見てみましょう。

焦っていました。

とりあえず家へSDカードを取りに帰るべく速攻で相模大塚から湘南台の切符を買いました。

よくよく考えると約700円かけて往復してSDカードを取りに行くぐらいならその辺のコンビニか家電量販店でクソ安いSDカードでも買った方が良かったんでしょうが焦っているオタクにはそんなことを考えられるほどの余裕はありませんでした。

このことに気づいたのは切符を買って相模大塚駅のホームで虚無感に苛まれながら電車を待っている時でした。

もっと早く気づけたらよかったね。

とまあそんなこんなでチャリで1時間かけて走った区間を乗り換え時間含め20分で走破され文明の利器による圧倒的な力を感じたりしながら家でSDカードを回収し戻ってきました相模大塚

戻ってきたらSDカードを取りに帰った時はいなかったそうにゃんが来ていて幼児たちの熱いそうにゃんコールに会場が包まれている中ちゃんとSDカードの入ったカメラでマグロ、撮影開始。

 

IMGP2871_DxO

 相鉄20000、反応が「かっこいい」と言っている人と「めっちゃダサい」と言っている人にきれいに別れててなかなかおもしろいですよね。ちなみにわたくしは後者です。

 

IMGP2722_DxO

IMGP2745_DxO  

IMGP2843_DxO-1

IMGP2864_DxO

20000系も顔についてる車のグリルみたいな「アレ」を写さなければなかなか格好いいだけに少し残念です。

この前面デザイン、もう少しどうにかならなかったんでしょうか。

 

IMGP2754_DxO

IMGP2776_DxO

IMGP2806_DxO

IMGP2807_DxO

20000系も9000系のリニューアル車に引き続き”YOKOHAMA NAVY BLUE”を採用してるんですが、9000系のそれ以上に日の当たり具合による色味の変化が激しいような感じがします。

塗料の仕様に何らかの変更でも加えたんでしょうか。詳しくは知りません。

 

IMGP2883_DxO

9000系ではシールだった相鉄ロゴも20000系では金属製のものになってました。エモい。

 

IMGP2785_DxO

あ、撮影会自体はネイビーブルー同士の共演(?)が見られたり

IMGP2812_DxO

7000系の床下を間近に見られたりなかなか面白かったですよ。

 

IMGP2889_DxO

IMGP2907_DxO

IMGP2911_DxO

IMGP2925_DxO

撮影会を離脱した後は途中に見つけたまあまあよさそうな踏切で少し撮影をしてからまたチャリを漕いで帰りました。 

途中にホーマックを見つけてテンションがブチ上がったり

よくわからん広告に度々遭遇しながら帰宅してその日は寝ました。

 

 

 

そして翌朝ですが、起床事故を起こしました。

まあ起きた時間も20000の1番列車には充分間に合う時間だったんですがいかんせん行こうとしていた天王町は行ったことも無ければ星川の高架化工事に伴い変貌中。

実際はどんな感じで撮れるのかほぼ分からない状態だったのでできる限り練習電は確保しておきたかった。

IMGP2931_DxO

IMGP2934_DxO

そんなこんなで天王町に着いてからの練習電2本で感覚を掴んだりして次はお目当ての20000系の営業運転1番列車。

相鉄側も1番列車である特急は通過する天王町でも「次に1番線を通過します特急海老名行きは、この列車より運行を開始する新型車両20000系での運転です」との放送まで入る気合の入りっぷり。

そして20000系1番列車が天王町を通過する約1分前、対向の快速横浜行きがホームを通過して行った。

「オイオイオイオイオイ被りは勘弁してくれよお前」と思いながら快速の通過をやり過ごすとまだ20000系の姿は見えない。

「1番線を電車が通過します」の放送と共に坂の先に見えた20000系を見て俺は勝利を確信した。

IMGP2941_DxO

ファインダーの中をゆっくりと駆け抜けて行った20000系を見た時はもうやばかった。

鉄オタ特有のクソダサいポエムもどきみたいに自分でこの文を打ってても感じるけどマジでこの時はこんな気分だった。

この後は横浜方面に所用があったので勝利を噛み締めながら横浜へ向かい、仲木戸京急を撮影してから某所で用を済ませて帰宅した。

 

久しぶりに新車の追っかけをしたけど確実にこの日、この時にしか撮れない”1番列車”の撮影に成功するとやばい。

脳汁ドバドバになる。これだから鉄オタはやめられない。

 

ということで今回は20000系の追っかけをした話でした。皆さんも撮影に出る際は予備のSDカードを携帯する、もしくはSDカードがカメラに挿さっていることを確認してから出かけるようにしましょう。

DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR REを1ヶ月ぐらい使って感じたこととか色々

年末にDA55-300を買ってから早くも1ヶ月が経ってました。

ni4mc.hatenablog.com

 1ヶ月近く使ってきてなんとなくこのレンズの長所短所みたいなものがわかってきたので書いていこうと思います。(2018/03/19日:加筆&写真を追加)

大きさ・機能性とかについて

沈胴機構を搭載しているので持ち運びにはかなりコンパクトなのです。重量もかなり軽いので取り回しやすいので旅行用とかにかなり良いのではないでしょうか。

欠点を頑張って挙げるとすればこのレンズ、ズームするとものすごい伸びます。めっちゃ伸びます。


f:id:Ni4mc:20180130212732j:image

沈胴時。持ち歩きや収納する時はかなりコンパクト。


f:id:Ni4mc:20180130212915j:image

広角端(55mm)の状態。沈胴時より少し伸びました。

f:id:Ni4mc:20180130213747j:image
望遠端(300mm)の状態。沈胴時の2倍近くまで伸びました。

 

とまあこんな感じにかなり伸びるのですが重量バランスが不安定になることも特にないですし見栄えが悪くなる程度のものです。

 

あとこのレンズ、防滴なので雨や雪の中でも普通に使えます。


f:id:Ni4mc:20180130214614j:image

首都圏が大雪でドッタンバッタン大騒ぎになっていた時も人間さえ平気ならなんの問題もなく撮影できます。

 

AFとかについて

このレンズを買う前はシグマの18-250を使っていたのですがこのレンズは何よりAFの駆動音がものすごい静かなんです。

 普段撮り鉄をしていても気持ちよくスパスパ合焦してくれます。

あと、AFが迷った時は無限遠↔最短撮影距離を1往復するとものすごくゆっくりフォーカシングするようになります、そんな時はクイックシフトフォーカスで大体のところまで合わせてから再び爆速AFが息を吹き返します。

LRM_EXPORT_20180302_202206

描写について

絞らないと安心できないマンなので専らF8ぐらいまで絞っていますが開放からかなり安定した描写なので絞らずともかなり良い画を吐き出してくれます。あと260mmぐらいまで開放F値がF5.6で粘ってくれます

全体的に色の出方の傾向としては少しウォームな感じです。個人的に空の青い色なんかは18-250のそれと比べて「う~ん何か足んねえよなあ?」って感じになります。RAW現像の時にWBを調整すれば良い話ですが

 IMGP1682

その辺を除けばコントラストも高くて価格を考えるとかなり優秀な描写をしてくれると思いますよ。

そして個人的に割と大きい欠点

それは...

円形絞りなので光条がしょぼい!!!!!!!!

光条大好きマンなので怒っています。なぜ最近のレンズはどれも円形絞りの光条がしょぼいレンズばかりなのでしょうか。

そしてDA55-300も例に漏れず光条がしょぼいです。

まあぶっちゃけここは「気になる人は気になる」って程度のものなので円形絞り万歳の方々にはむしろ大歓迎なのでしょう。

IMGP4014  

 

最後に

約1ヶ月の間に使ってきて欠点と言える欠点が“ズームした時にものすごい伸びる”と“円形絞りなので光条だいすきマンの俺には少し物足りない”程度のものしかありませんし、カタログスペック等の数字に出ない所では何ら不満はありません。

この性能で満足できるなら「軽い・小さい・写りが良い」と三拍子そろった良いレンズだと思います。

いわゆる旅行レンズとしては最強なんじゃないでしょうか。

 

とまあこんなところでレンズの話はお終いにしてぶっちゃけると「1ヶ月近くこのブログを放置していたのでこのまんまだと永久に放置しかねないしなんか記事書かないとな~ せや!新しいレンズ買ってから1ヶ月経ったしその話書くか!」ってなってこの記事を書いたんですが現にこのレンズ、大手サイトはおろかブログ等でもレビュー記事みたいなのがものすごく少ないんですよね。

このレンズを買った時の記事でも書きましたが「DA55-300の購入を検討してるけどどうすっかな~」的な人の背中を少しぐらい押せたらいいなーとか思ったりしています。まあこのクソブログ、検索しても相当後ろの方にしか出ないんですが。

とまあこんな感じです。次の記事まで何日このブログを放置するのかお楽しみに。